追悼:大平シローくんに捧ぐ


2012/2/10

 昨日、私たちの弟子である大平サブロー・シローのシローくんが、55歳という若さで亡くなりました。
 今日、大阪天満の繁昌亭で舞台に立った私は、小林旭の替え歌をシローくんのために捧げました。

  「惚れた女が死んだ夜は」

  いい奴ばかりが先に逝く
  どうでもいいのが残される
  惚れたシローが死んだ夜は
  涙流れるままでいい
  シロー、シロー、俺を泣かすなよ…

 シローくんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

レツゴー正児



inserted by FC2 system